鬼上司のヤキモチが可愛すぎます ネタバレ 22話!同窓会で元カレの隼人に抱きとめられ…

鬼上司のヤキモチが可愛すぎます ネタバレ 22話漫画ネタバレ

コイハナの漫画「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」(月乃睡蓮先生)

今日は、その漫画「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」22話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

同窓会で元カレの隼人に抱きとめられ…

「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」21話はこちら>>>

また、「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」はU-NEXTで無料で読むことができます!

\「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

鬼上司のヤキモチが可愛すぎます ネタバレ 22話!同窓会で元カレの隼人に抱きとめられ…

黒木が同窓会に参加することについて、清子が「必ず指輪をつけていって」と念を押したのに対し、黒木は、そんなに気にかけなくても大丈夫だからと、清子の頭をなでながら余裕そうに話します。

そんな黒木の様子を見て清子は、やっぱり、いつも私ばっかりいっぱいいっぱいになっちゃうな…と、黒木に大人の貫禄を見て感心してしまうのでした。

 

後日、同窓会にやってきた黒木は、開始早々、さっそく同級の女性たちから、久しぶりー!一緒に飲もうよー!と声をかけられ、周りを取り囲まれてしまいます。

そんな女性たちに、嫌な顔はしないまでも明らかに“塩対応”をする黒木に、一緒に参加した寺田は、なぜこういう対応しかしないやつが人気なんだろう…と思い、不思議なものを見る目つきでつい観察してしまうのでした。

黒木を取り囲んでいた女性のうちのひとりが黒木の指に光る指輪に気づき、え、黒木くん、結婚したの!?と驚いた様子で声を上げます。

続けてその女性は、今までの黒木の女性に対しての態度や、特定の女性との付き合いをしてこなかったことを例に挙げながら、黒木が結婚したことが心底意外だと早口でまくし立てるのでした。

黒木は、全部が事実なだけに、清子には絶対に知られたくないな…と心の中で自己嫌悪に陥ってしまいます。

その後、その場にいた女性たちがひとしきり驚いたあとで、先ほどとは別の女性が、寺田くんは相手が誰か知ってるの?と、そばに居た寺田に話しかけるのでした。

寺田は、うん、同じ職場の部下の子で、かなり年下のすごく明るくて可愛らしい子だよ、ちなみにその子と恋人関係になっても、俺にしばらく何も報告せずに隠してたくらい、彼女との恋は本気みたいだね、と清子のことを思い浮かべながら、黒木をからかうように笑顔で話します。

それを聞きながら黒木は、素直に話さなかったのをまだ恨んでんのか…と、心の中で少しあきれてしまうのでした。

寺田の話を聞いた、先ほどいち早く指輪に気づいて声を上げた女性が、恋人関係ってことは、まだ結婚はしてなくて、ただ一緒の指輪をしてるって感じなの?と少し探りを入れるように黒木に話しかけます。

黒木は、まあ、今はまだそうだけどな…と少し気まずそうに応えるのでした。

その黒木の言葉を聞いた女性が、黒木くんは年下のほうが好みなんだね、と少し寂しそうに黒木に向かってつぶやくと、黒木は、いや、俺は年とかは関係なく、例えばあいつがかなり年上でもたぶん好きになってたと思う、年をとったとしてもあいつは可愛いと思うし、と、いとおしそうに指輪を見つめながら、清子についての思いをその女性に語ります。

そんな昔とはすっかり違う黒木の様子を見た女性は、まだ見ぬ清子に対して少しヤキモチを焼いてしまい、でも、黒木くんはそれでいいかもしれないけど、相手の子からしたら年の差がありすぎておじさんにしか見えないんじゃない?と嫌みを言ってしまうのでした。

その言葉を聞いた黒木は、…そ、そうか…俺は清子の年については全然いいと思っていたが、清子から見た俺はいいのか悪いのか全く分からん!!と考えてしまい、ショックを受けてひどく落ち込んでしまいます。

続けて女性から、だから、同年代と付き合うのが一番いいと思うんだけど…例えば私とか…と話しかけられているのにも気づかず、黒木は必死に頭の中で清子と自分の年の差について考え込んでしまうのでした。

 

その夜、同窓会から帰宅し、清子とベッドで過ごす黒木。

二次会に参加しなくてよかったのかと心配する清子に、黒木は、連絡を取りたいと思っていたやつの連絡先は聞けたから大丈夫だ、それに、早く帰って清子を安心させたかったし、と優しく微笑みながら声をかけるのでした。

自分のことを考えてくれた黒木にときめきながらも清子は、でも、部長の重荷にはなりたくないので、そんなに気を遣わなくても私は平気ですからね、と黒木を気遣いながら慌てて話します。

それを聞いた黒木は、そんなのだめだ、俺が平気じゃない、と言いつつ、ベッドの上で清子を包み込むように優しく抱きしめながらキスを落とすのでした。

そんな黒木の行動にますます照れて顔を赤らめてしまう清子。

 

話題は清子の同窓会の話になり、明日の同窓会、本当に送らなくていいのか?と黒木が不安そうに話をすると、清子は、はい、大丈夫です、むしろ迎えに来てもらえるだけでも恐縮です、と申し訳なさそうに黒木に話します。

黒木は清子のほほに優しく手を添えながら、清子の目を見つめて…やっぱり、ちょっといろいろと気がかりだからな、と真剣な表情で言うのでした。

それに対して清子は笑顔で、そんなに気にかけなくても大丈夫です!と明るく言いつつ、以前、職場で黒木にされたように、今度は自分が黒木の頭をぽんぽんと優しくなでます。

そんな清子の行動に、黒木はそのまま自分の頭に当てられていた清子の手をとりながら覆い被さり…これからじっくり時間をかけて、俺がどのくらいおまえのことを好きなのか分からせてやる、と優しく耳元でささやきながら、清子に強引にキスを落としていくのでした…。

 

次の日の夜、清子は同窓会に出向き、久しぶりに会う友人たちとの再会を喜びます。

そこで、案の定指輪のことを気づかれ、友人たちから次々に、え、結婚したの?!などと、指輪についての質問攻めにあってしまうのでした。

そんな友人たちに清子は、今職場の上司と付き合ってて…職場では結構厳しい上司なんだけど、私と一緒にいるときにはすごく優しい人で、結構年上の人だよ、と、黒木のことを思い浮かべながら恥ずかしそうに打ち明けます。

友人たちは、口々に、え、その人とちゃんとしたお付き合いしてるの?なんかこう言っちゃなんだけど、早めにいろいろと確認したほうがいいよ、清子は純粋だからな…と、かなり年上の男性と付き合っている清子のことを心配するように話すのでした。

てっきり祝福してくれると思っていた清子は、友人たちの反応が思ったものと違ったことに戸惑いながらも、問題ないよ!というか、そもそも私から好きになって告白したんだよ?!と、慌てて友人たちの心配を否定するように話します。

その“自分から好きになって告白した”という清子の言葉を聞いた友人たちは、え!なんでそんな年の離れた人好きになったの?!うちらから見たらおじさんにしか見えなくない?!と心底驚いてしまうのでした。

そんな友人たちに清子は、いやそんなことないよ!部長は本当にかっこよくて、いろんなことをパーフェクトにこなすし、公私混同しないし、おいしいものとかいっぱい教えてくれるし、料理もすごく上手だし、出張とかのお土産はいつもおいしいもの買ってきてくれるし…と、黒木がいかにすばらしい人なのかということをうれしそうに話します。

その清子の話を聞いた友人たちは、これは完全に胃袋をつかまれたんだな…と、清子が年上と付き合っている理由について、つい心の中でそう考えてしまうのでした。

 

そうして清子が友人たちと一緒に和気あいあいと談笑していると、その友人の中のひとりが何かに気づき、その場にいたほかの友人たちの肩をたたいて合図を出します。

その合図を受けたほかの友人たちは、同じように何かに気づいたかと思うと、清子に、あ、ちょっと私たち料理取ってくるから、清子はここにいてと言い残し、そそくさとその場から席を外してしまうのでした。

突然の友人たちのそんな態度に少し戸惑いながらも、お礼を言っておとなしくその場で待機する清子。

そこへ、問題の元彼である隼人が、後ろから清子に、さっちゃん、久しぶり、と声をかけながらやってくるのでした。

その声と呼び方を聞いた清子は、隼人のほうを振り返り、大人になった隼人のかっこよさと、さっちゃんと呼ばれたことに昔を思い出して少しときめいてしまいます。

清子は昔付き合ってたときに決めた隼人くんからだけのあだ名で呼ばれたから、今は全然隼人くんのこと何とも思ってないけど、昔の恋人だったときの気持ちがちょっとよみがえって、懐かしくなっちゃったな、と、心の中でしみじみ思ってしまうのでした。

清子は隼人と挨拶を交わした後、2人で近くにあった椅子に腰掛けて、昔話に花を咲かせます。

そんな中、隼人は、昔からかわいいなと思ってたけど、大人になって、すごく美人になったね、と清子のことを見つめながら優しく話すのでした。

そんなふうに言われてしまった清子は、「そんなことないよ」と恐縮気味に言いながら少し照れてしまいます。

続けて隼人は、清子の指に光る指輪に視線を移して、そんなふうに見えるのは、彼氏と順調だから…なのかな?と少し探りを入れるように話すのでした。

隼人の言葉に、清子は、うん、まあ…そうなんだよね、と、指輪を見せながら満面の笑顔で隼人に応えます。

そんな清子のうれしそうな表情を見た隼人は、その顔を見つめながら、複雑な心境をつい表情に出してしまうのでした。

 

同窓会が終わる時間になり、車で清子を迎えに来ていた黒木は、同窓会の会場から出てくる清子と同級生の顔ぶれを眺めつつ、今出てきてるのは清子と同い年か…みんな若いな…と、自分との年の差を考えてしまって、何とも言えない気持ちになってしまいます。

そのまま黒木は、清子の両親に何らかの形で挨拶に行ったとき、自分が清子と同学年だった場合と今のように年の差があった場合のそれぞれの状況を頭の中でシミュレーションしてしまい、それを比べて、明らかに後者のほうがいい顔をされないだろうなと考え、現実を実感して激しく落ち込んでしまうのでした。

そこへ、清子が隼人と一緒に会場から姿を現し、それを見た黒木は、あ、あれが元彼か?…元彼と清子のほうが、どう考えても年齢的には釣り合ってるとは思うけど、でも清子を誰かに取られたくない…と心の中で考えながら、車を降りて清子を迎えに行こうとします。

 

一方、会場を出て隼人とも分かれた清子は、黒木に電話をかけつつ、黒木を探しながら道を歩こうと一歩前に踏み出すのでした。

しかし、そこがちょうど段差になっており、電話に気を取られていた清子は、段差に気づかずそのまま踏み外してこけてしまいそうになります。

まだ近くにいた隼人が清子に駆け寄り、すかさず体を抱きかかえて支えてくれました。

そんな隼人に清子が抱きかかえられたままお礼を言うと、隼人は、俺、本当は、この同窓会にはさっちゃんと会えると思ったから来たんだ、と、今でも自分は清子のことが気になっていることを遠回しに耳元でささやくように言います。

隼人の言葉の意図がくみ取れず清子が少し戸惑っていると、そこへ迎えに来た黒木が到着し、清子が隼人に抱きかかえられて密着した状態を目撃してしまうのでした…。

鬼上司のヤキモチが可愛すぎます ネタバレ 22話!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」ネタバレ 22話を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額2,189円(税込)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額976円(税込)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1,958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」が読めるということ。

これなら、タダで「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」を読むことができます。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントがもらえる
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

また、31日間無料トライアルから継続すると、2倍の1200ptがもらえるんですよ♪

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます!

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\ 無料トライアル600ポイントで!/ 

「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」を無料で読む!!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

鬼上司のヤキモチが可愛すぎます ネタバレ 22話の感想!

それぞれの同窓会での出来事でしたね。

女性に塩対応のときの黒木と、清子にでれでれのときの黒木のギャップがおもしろかったです。

あと、寺田にからかわれる黒木も可愛かったです…。

ベッドのシーンでもありましたが、本当に黒木は清子のこと好きすぎですよね。

清子が同窓会のときに「私から好きになって告白した」と言っていたのを読んで、そういえばそうだったな!黒木が清子のこと好きすぎて、もう黒木からアプローチして付き合ったものだと…完全に忘れてた!と改めて思ってしまいました(笑)

そして、清子の友人たちの、年上と付き合うことを心配するシーンのやりとりが面白かったです。

年がかなり上っていうのと清子の性格からものすごく心配になるのは分かりますが、どんだけ信用ないんだ…と思ってしまって、ちょっと笑ってしまいました。

隼人の登場と、間の悪い黒木の迎えで事態は最悪の状況になりつつありますが、この後どういうふうに展開していくのか、続きが楽しみです。

まとめ

「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」ネタバレ 22話と感想をご紹介しました!

「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」を楽しんでくださいね!

「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」23話はこちら>>>

「鬼上司のヤキモチが可愛すぎます」ネタバレ 全話まとめはこちら>>>

コメント