みどりのとまり木 ネタバレ 11話!蓮見を断るみどりと青葉にカミングアウトする桜木谷

漫画ネタバレ

ベツコミの漫画「みどりのとまり木 」(手島ちあ先生)

今日は、その漫画「みどりのとまり木 」11話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

蓮見を断るみどりと青葉にカミングアウトする桜木谷…

「みどりのとまり木 」10話はこちら>>>

また、「みどりのとまり木」はU-NEXTで無料で読む方法もあります!

\「みどりのとまり木」を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

みどりのとまり木 ネタバレ 11話!蓮見を断るみどりと青葉にカミングアウトする桜木谷

突然蓮見に、俺と付き合わない?と言われたみどり。

客観的に蓮見と自分の関係を考えて・・・なんで?と聞き返してしまいます。

けっこう酷いこと言うね、と返す蓮見に、みどりは正直に、自分のことを好きなように見えないと言いました。

そんなことないけど、という割には相変わらずポーカーフェイスな蓮見。

時間持て余しているっぽいし、同じ学校同じ委員会でちょうどいいじゃん、と嬉しくない理由を言われます。

でも、笑った顔がかわいい・・・とも。

みどりは困ったな、と思いますが好きな人がいるとはっきり断ります。

この前の彼氏?と間髪入れずに聞いてくる蓮見。

人違いだと言っても納得はしてくれません。

そう思うなら、どうして付き合おうなんて言うのかみどりは聞きます。

すると、隠さなきゃならない関係なら長く続かないと思った、と蓮見は答えました。

気にしていることを言われて、ついそんなことない!と大きな声を出してしまうみどり。

怒った様子で帰ってしまいました

蓮見はみどりのそんな態度を見たことがなかったので驚きますが、色々な顔が見れて満足げなのでした。

 

そんな二人を偶然見てしまった青葉。

すぐに桜木谷に言いに行きます。

青葉はみどりのことを桜木谷の妹だと思っています。

悪気無く見たことを伝え、彼氏だと思いますよ、と言います。

彼氏じゃねーし!と力いっぱい否定する桜木谷に、シスコン扱いする青葉。

みどりが怒ってたみたいで、あれは痴話げんかだと決めつけます。

ギリギリと桜木谷に首を絞められて、みどりの方はわからないけど、男の方は絶対気がある・・・いややっぱ付き合ってないかなーとトーンダウンしていく青葉・・・。

 

その夜、桜木谷はみどりに青葉が言った通りのことを伝えました。

相手は絶対みどりのことを好きだって青葉が言ってた、と。

みどりが、あれは絶対本気じゃないと思うので!と言ったことで、告白されたことがバレてしまいます。

一生懸命取り繕うみどりに、みどりがもてるのはわかるから、と言う桜木谷。

モテないですよ、桜木谷さんの方こそ、いや俺は持てないよ、いやいや・・・。

・・・俺らバカップルみたいだね、と桜木谷が何気なく口にした「俺ら」という言葉が妙に嬉しいみどり。

桜木谷が、気になっていたのはこっちの方、と言う風に、怒っていたように見えたと聞いたけど何かあった?と聞きました。

みどりは、「隠さなきゃいけないような関係」という言葉を思い浮かべますが、大したことじゃないと言ってしまいます。

桜木谷は、何かあったらすぐ言って、飛んでいくから、と言うのでした。

 

通学途中、みどりは青葉に声をかけられます。

彼氏といるところを見たよ、と言われ否定するみどり。

青葉が思い出したように、桜木谷に彼女ができたことを聞いたかと尋ねられました。

はい、と答えるみどり。

青葉は付き合う前に桜木谷がすごく悩んでいたことを話します。

けっこう年が離れてる子らしい、と言ってじーっとみどりを見る青葉。

もしかして、みどりちゃん・・・と言われ焦るみどりですが・・・

・・の、同級生が相手とか!?と見当外れなことを口にする青葉。

みどりはそこは一応否定します。

さすがに高校生はないよなー、と青葉が言います。

やっぱりそうだよね、と落ち込むみどり。

 

学校では蓮見が頼まれた雑用を手伝ってと頼んできました。

ブツブツ言いながらもみどりは付き合います。

蓮見が、彼氏と長続きしないと言ったことを怒っているのかと聞いてきました。

そんなんじゃない、と言うみどりですが、オープンにしないのは自分のせいで立場が悪くなるのが嫌なだけだと言います。

考えすぎだと蓮見がコンとおでこを叩きました。

何にそんなに縛られてるの?と言われ、みどりはハッとします。

みどりは蓮見に、聞いてくれてありがとう、と言います。

蓮見は改めてみどりのことをかわいいな、と思うのでした。

 

みどりは、話をするべき相手は桜木谷だと気が付きます。

 

その頃、桜木谷はみどりからのラインを見て考え込んでいました。

青葉に会ったときに、桜木谷の彼女には会ったことないことにしておきました、という内容のライン・・・。

青葉を呼び、お願いがあると言いました。

 

みどりが下校していると、桜木谷と青葉が待っていました。

驚くみどり。

桜木谷が突然青葉に言いたいことがあると切り出します。

そして、みどりは妹ではなくて彼女だと言いました。

みどりのとまり木 ネタバレ 11話!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「みどりのとまり木 」ネタバレ11話を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「みどりのとまり木 」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額2,189円(税込)

U-NEXT公式サイト

・2週間間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額976円(税込)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1,958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「みどりのとまり木 」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「みどりのとまり木 」が読めるということ。

これなら、タダで「みどりのとまり木 」を読むことができます。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

 

また、U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます!

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\ 無料トライアル600ポイントで!/ 

「みどりのとまり木 」を無料で読む!!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

みどりのとまり木 ネタバレ 11話の感想!

ついに青葉にカミングアウトしましたね!

でも、大丈夫!?

何しろ口の軽い人だから・・・。

でも、案外こういう人って「重要事項だ!」と思ったことは言わないタイプかも?

桜木谷は別に隠したいわけではないと思います。

ただ、みどりが桜木谷のことを気遣うように、みどりがこのことで嫌な思いをするのを避けたいのだと。

蓮見は飄々としていて、みどりにはわかりにくいでしょうね。

もうみどりのこと好きになっているのは明らかです。

んー、でも桜木谷のライバルって感じになるとは思えないのですよね。

このまま秘密の関係にピリオドが打たれるのでしょうか!?

その後の展開も気になります。

二人に新たな障害が発生!

なんてことにならないように!

まとめ

「みどりのとまり木 」ネタバレ11話と感想をご紹介しました!

「みどりのとまり木 」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「みどりのとまり木 」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「みどりのとまり木 」を楽しんでくださいね!

「みどりのとまり木 」12話はこちら>>>

コメント