アシガールネタバレ 82!御月家を継ぐことを憂う忠清ですが唯の言葉に気付かされ…

アシガールネタバレ 82漫画ネタバレ

「ココハナ」で掲載中の漫画「アシガール」(森本梢子先生)

今日は、その漫画「アシガール」82を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

御月家を継ぐことを憂う忠清ですが唯の言葉に気付かされ…

「アシガール」81はこちら>>>

また、「アシガール」はU-NEXTで無料で読めます!

\「アシガール」を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

アシガールネタバレ 82!御月家を継ぐことを憂う忠清ですが唯の言葉に気付かされ…

惣左衛門!しゃんとせい‼

一つに結った髪を振り乱し、足軽の服を身に纏った唯が、家臣に怒鳴ります。

走り続けていたのか、惣左衛門と呼ばれた男は地べたに膝をついて、呼吸を乱しています。

道なき山を走っているような、唯と惣左衛門。

どうやらこの道を走りぬくには、惣左衛門の道案内がいるようです。

だからここでへばられては困る、と声を荒げる唯ですが、唯自身久々の全力疾走のせいか、身体が重く辛い様子です。

それでも行かなければ、と若君の名を半泣きで呼ぶ唯の姿に、整わない息のまま立ち上がる惣左衛門が、“奥方様”と唯を呼び走り出します。

——緑合城主御月忠永の嫡男、御月清永の正室である唯。

本人曰く若君の超愛妻である唯が、こんな山の中を走り抜けているのには、半年前の緑合から話が始まるのでした。

 

——半年前の緑合。

庭先から表に入り込んだ唯が、お目当ての若君を見つけた時、若君は長い髪をバッサリと切ってしまっているところでした。

綺麗な髪を切ってしまったことに残念がる唯でしたが、大人になり妻を得た若君は、いつまでも童のような髪でいることはできません。

短くなった髪を改めて結った姿は、垂髪の時より一層凛々しく、唯は呆けた面で見惚れてしまいます。

父の忠高に呼ばれて立ち去った忠清の背を、締まらぬ顔のまま見ていた唯の前には、戦国の世での兄である小平太の姿。

奥方様、と形式上は唯を敬って呼びますが、話す内容は説教です。

庭から現れいつまでも慎みなく家臣の前に出てくる事を叱られます。

幾度となく言われている小言に、唯は子供のように頬を膨らませました。

呆れた小平太の“渡瀬に言いつけるぞ”との言葉に、思わず妹に戻って、兄上様!と許しを請うてしまう唯なのでした。

 

兄に咎められ、こっそりと自室に戻る唯。

どうやらこっそりと抜け出したらしく、渡瀬にバレていないかと周りを見渡します。

お戻りなされませ、と声をかけられビクつく唯の前には、襖から顔を覗かせる渡瀬の姿。

渡瀬は、若君の奥方様つきの腰元、唯の専属お世話係です。

その顔はいつも通り、笑顔を貼り付けたような狐目ですが、唯への言葉はねちねちと説教を含んでいます。

戦国の世での教養が全く身に付いていない唯に、渡瀬は一から指導しています。

その目を盗んで度々逃亡を謀る唯は、ねちねちと説教をする渡瀬が、苦手なようです。

 

——父忠高の元に来た忠清。

改まった様子の忠高は、ここ緑合の城主である晴永から、御月家を継いで欲しいと申し出があったことを伝えます。

これについてどう思うか、息子忠清と成之に意見を聞きたいと言います。

御月家を継ぐということは、これつまり羽木家が途絶えるということです。

それに、何か思い当たるモノがあった忠清。

意見を求められ、迷うことなく答えます。

『羽木の名を捨てねば、我らは皆生き残れないだろう』と、この言葉に驚く忠高と成之。

織田信長という男は、気性の激しい男。

一度相対している羽木家を信長が許すはずもなく、必ず滅ぼされてしまう、と続けました。

父と同じく、それ以上に、羽木の名を絶やしてしまうことに惜しむ気持ちがある忠清。

ですが、皆の命を守ることができるのは、名を捨てる事、これが乱世を生き抜く唯一の道だと語りました。

納得のしかねる忠高は、成之にも聞きます。

しかし成之もまた、御月家を継ぐべきだとの意見を述べ、忠高は難しい顔で黙り込んでしまいました。

 

部屋に戻った忠清から、その話を聞いた唯。

現代の歴史資料から羽木家の名前が突如消えた事を思い出し、合点がいきます。

羽木家の人々は滅んでしまったのではなく、御月家として生き残っていたということです。

忠清もそう思い当たり、先程のような言い方を忠高にしたのでした。

しかし羽木家当主である父忠高が、名を捨てる事ができるのか…と忠清は黙り込んでしまします。

考え込んだその顔に、自らも名を捨てる事が辛いだろうと思う唯。

苦しい戦を繰り返し守ってきた名、悔しいはずです。

“御月唯!”と急に唯が声を上げます。

綺麗な名前だと嬉しそうに言う唯に、何を言っているんだと顔を上げた忠清。

しかしその意図が伝わったのか、口元を綻ばせ、唯の膝に頭を乗せました。

『名前など何でも良い』命があればそれで良いと、忠清は唯に気付かされました。

御月は満月という意味だと忠清に言われ、自分たちにピッタリだと、益々嬉しそうに笑う唯の姿に、忠清も声を上げて笑いました。

その声は隣の部屋にいた、渡瀬と女房にまで届き、二人の仲睦まじい様子に和みながら、渡瀬は優しく小言を零すのでした。

 

——十日程後、羽木忠高は御月家の家督を継ぐ決断を下すのでした。

アシガールネタバレ 82!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「アシガール」82のネタバレを詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「アシガール」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額2,189円(税込)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額976円(税込)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1,958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「アシガール」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「アシガール」が読めるということ。

これなら、タダで「アシガール」を読むことができます。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

また、31日間無料トライアルから継続すると、2倍の1200ptがもらえるんですよ♪

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

また、U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます!

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\31日間無料トライアル600ポイントで!/ 

「アシガール」を無料で読む!!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

アシガールネタバレ 82の感想!

いきなり山で走ってボロボロの唯が登場しましたが、一体何があったのでしょう?

今回のお話では、冒頭のシーンの謎は解けませんでした。

羽木の名を捨てる。

現代でも家を継ぐという習慣がありますが、この時代のしかも武家の家となれば、その重大さはとてつもない事だったでしょうね。

でもこの決断があってこその未来ですから、若君は早い決断ができて本当に聡明です。

唯の能天気さも良いのかもしれませんね(笑)

家督を継いでも、戦国の世なのでまた織田なども絡んできそうです…御月家となったらどうなっていくのか、続きが気になりますね。

まとめ

「アシガール」ネタバレ 82と感想をご紹介しました!

「アシガール」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「アシガール」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「アシガール」を楽しんでくださいね!

「アシガール」83はこちら>>>

「アシガール」まとめはこちら>>>

コメント